食育指導士資格通信講座

食育指導士資格通信講座。食育(しょくいく)とは、様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てることです。食育基本法においては、生きるための基本的な知識であり、知識の教育、道徳教育、体育教育の基礎となるべきもの、と位置づけられています。これらの知識を身につけ実践する食育指導士や食育インストラクターも増えています。

メニュー| 食育指導士資格と政府の食育に対する取り組み | 食育の基礎知識と地域の食育フォーラムについて | 食育教育と企業の食育推進の取り組み | 食育指導士講座と食育インストラクター通信講座 | 食育地域フォーラムと食育推進運動について | 食育の考えを取り入れた給食や食育小学校・保育園について |

食育の基礎知識と地域の食育フォーラムについて

食育とは様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得すること

食育(しょくいく)とは、様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てることです。食育基本法においては、生きるための基本的な知識であり、知識の教育、道徳教育、体育教育の基礎となるべきもの、と位置づけられています。これらの知識を身につけ実践する食育指導士や食育インストラクターも増えています。

食育についてはインターネットで調べれば詳しい情報を得ることもできますし、地域の食育フォーラムや食育関連のホームページもたくさんあります。食育を学んで安全な野菜の知識やご飯の作り方、食育大辞典や協会でだしている食育講座をもとに自分で学んで、必要なら食育指導士や食育インストラクターを目指してみるのもいいでしょう。

企業の食育に関する取り組みも活発になっていて、たとえばエーエム・ピーエム・ジャパンは2007年4月10日、健康や環境面に配慮した活動を行う「カラダにキブンにイイコトクラブ」を発足しました。タレントの安田美沙子さんや料理研究科の藤野嘉子さんらをオピニオン・キャラクターに起用して商品開発や環境活動を展開しています。「カラダにキブンにイイコトクラブ」では、"おとなの食育"をテーマにおいしさとヘルシーさを兼ね備えた商品の開発に取り組んでいく。としています。また、社団法人日本歯科医師会や日本栄養士会などが後援する「よい歯と食育推進委員会」とも連携し、活動を推進していく予定だそうです。

食育が見直されてきた背景として、偏食、肥満、味覚障害など、日本の子どもたちは食に関して多くの問題を抱えており、キレやすい子どもが増えてきたのも乱れた食生活が原因であると言われています、そこで今、強く求められているのが子どもたちへの食育です。また「食育」が自宅で身につけられる本格的な食育通信講座などもあります。もし食育指導士や食育インストラクターに興味があるなら資料を取り寄せて勉強してみてはいかがでしょうか。