食育指導士資格通信講座

食育指導士資格通信講座。食育(しょくいく)とは、様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てることです。食育基本法においては、生きるための基本的な知識であり、知識の教育、道徳教育、体育教育の基礎となるべきもの、と位置づけられています。これらの知識を身につけ実践する食育指導士や食育インストラクターも増えています。

メニュー| 食育指導士資格と政府の食育に対する取り組み | 食育の基礎知識と地域の食育フォーラムについて | 食育教育と企業の食育推進の取り組み | 食育指導士講座と食育インストラクター通信講座 | 食育地域フォーラムと食育推進運動について | 食育の考えを取り入れた給食や食育小学校・保育園について |

食育教育と企業の食育推進の取り組み

食育で栄養バランスを管理し、カロリーや脂肪を適正にコントロールするメニューづくり

食育という言葉は、明治時代に西洋医学・栄養学否定運動を展開した陸軍漢方医、石塚左玄が『通俗食物養生法』(1898年(明治31年)「今日、學童を持つ人は、體育も智育も才育もすべて食育にあると認識すべき」)で造語しましました。なお、食育教育については、医学博士・料理評論家である服部幸應(はっとりゆきお)先生が第一人者です。服部幸應先生主催の食育指導士、食育インストラクター講座(通信講座)も開催されています。

2005年6月10日には「食育基本法」という法律も成立しました。しかし、「食育」と一口にいっても網羅する内容は本当に多岐にわたり、また「食育」の名のもとに実に多くの情報が氾濫しています。さらにこの「食育」に関しては文部科学省・厚生労働省・農林水産省と3省が合同で取り組んでいます。3省合同で同じテーマに取り組み食育指導士を育てることは非常に画期的、かつそれだけ大きな問題だということです。

企業の食育に関する取り組みも活発になっていて、たとえばエーエム・ピーエム・ジャパンは2007年4月10日、健康や環境面に配慮した活動を行う「カラダにキブンにイイコトクラブ」を発足しました。タレントの安田美沙子さんや料理研究科の藤野嘉子さんらをオピニオン・キャラクターに起用して商品開発や環境活動を展開しています。「カラダにキブンにイイコトクラブ」では、"おとなの食育"をテーマにおいしさとヘルシーさを兼ね備えた商品の開発に取り組んでいく。としています。また、社団法人日本歯科医師会や日本栄養士会などが後援する「よい歯と食育推進委員会」とも連携し、活動を推進していく予定だそうです。

生活習慣病予防や体に無理のない「食育・美容ダイエット」も注目されています。 今や死亡原因の6割以上を占めるようになった生活習慣病も、正しい知識をもった食生活を送ることで予防が可能です。また、食育を学ぶことは、美容やダイエットにも活用できます。いろいろな食べ物の特性を知ることで、栄養バランスを管理し、カロリーや脂肪を適正にコントロールするメニューづくりができるようになります。食育の知識を身につけて実践してみてください。