食育指導士資格通信講座

食育指導士資格通信講座。食育(しょくいく)とは、様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てることです。食育基本法においては、生きるための基本的な知識であり、知識の教育、道徳教育、体育教育の基礎となるべきもの、と位置づけられています。これらの知識を身につけ実践する食育指導士や食育インストラクターも増えています。

メニュー| 食育指導士資格と政府の食育に対する取り組み | 食育の基礎知識と地域の食育フォーラムについて | 食育教育と企業の食育推進の取り組み | 食育指導士講座と食育インストラクター通信講座 | 食育地域フォーラムと食育推進運動について | 食育の考えを取り入れた給食や食育小学校・保育園について |

食育の考えを取り入れた給食や食育小学校・保育園について

学校や病院、福祉施設、保育園、保健所、地方自治体、食品関連会社など、食育インストラクターの活躍の場が広がっています

食育(しょくいく)は日本の内閣府や小学校、保育園でも注目されています。食育は政府、厚生省から保育所まで子供を健やかに健康に育てる方法として子ども、幼児に最適な育て方といえるでしょう。食育指導士、食育インストラクターの資格をもって活躍している人も近年増えてきています。各地域でも食育指導士が中心となって食育推進フォーラムなども開催されています。

食育に関する教材や本(たくさんのタイトルがあります)やゲーム、カルタ、食育問題にとりくんでいる活動もあり、食育の意味や指針をだす企業もふえてきています。食育に関する法律・条例や食育にともなう栄養学、食育の必要性も近年重視されるようになり、食育指導士や食育インストラクターのもと食育の講演や食育イベントも各地で開催されています。

最近では食物アレルギーのある子供の増加を受け、体質に合わせた食育の考えを取り入れた給食を提供する取り組みが保育園や学校で始まっています。ただ、アレルギーの原因成分アレルゲンは千差万別で、きめ細かい対応には栄養士や調理師の増員が不可欠として、地域によっては「個別対応には限界がある」という声もあり、対応の難しさも浮き彫りとなっていることも事実です。

食育への注目度、期待度は今後増すばかりだといえます。学校や病院、福祉施設、保育園、保健所、地方自治体、食品関連会社など、食育インストラクターの活躍の場は幅広くさまざまです。食育指導士や食育インストラクターは食育の普及・推進の一端を担う新しい力としての期待されています。ぜひあなたも食育を学び実践し、自ら健康になるとともにその知識を社会に還元していってはいかがでしょう。